お問い合わせはこちら

へドニア、ユーダイモニアとは?4種類の幸福モデルを知ろう

へドニア、ユーダイモニアとは?4種類の幸福モデルを知ろう

2021/02/09

へドニア、ユーダイモニアとは?4種類の幸福モデルを知ろう アイキャッチ

こんにちは。

株式会社マルション・アンサンブルのブログです。

 

ポジティブ心理学は「より人生を充実させる」にするために研究が行われた学問で、マーティン・セリグマン博士に創設されました。

 

脳科学の発展により、脳がポジティブな状態では創造力が増し、生産性が向上するという多くの研究成果があることから、日本でもポジティブ心理学が注目され、さまざまなビジネスシーンで取り入れられています。そんなポジティブ心理学において、幸せの定義や幸福モデルなどが提唱されています。

 

今回は、ポジティブ心理学における2つの幸せ「ヘドニア」「ユーダイモニア」と4種類の幸福モデルについてまとめてみました。

 

ポジティブ心理学は仕事や私生活で活用することができますが、より深く学び理解することで、ポジティブ心理学のさらなる効果を期待することができます。

 

目次

ポジティブ心理学におけるへドニア、ユーダイモニアとは?

へドニア、ユーダイモニアとは?

ポジティブ心理学では、「幸せ」を2つに分けて考えています。その2つとは、「ヘドニア(Hedonia)」と「ユーダイモニア(Eudaimonia)」で、古代ギリシャの哲学から由来しており、アリストテレスが提唱した概念です。


・ヘドニア:感覚的快楽・心地の良い幸せのこと
・ユーダイモ二ア:自己実現や生きがいを感じることで得られる幸せのこと


「ヘドニア」は主に、五感を使って得られる快楽・幸せのことを指します。欲しいものを手に入れたり、一時的な楽しい時を過ごして感じる幸せのことですが、このような幸せは多くの場合、長続きしないと言われています。

「ヘドニア」で得られる幸福は、慣れにより感じなくなり、さらに強い刺激・幸福を求めるようになることが科学的に証明されています。


一方、「ユーダイモ二ア」は主に、自分の強みを活かして意義のあることに打ち込む幸せのことを指します。意義のある目標に向かって努力を積み重ねる行動と、困難を乗り越える時の充実感から発生するポジティブな感情のことです。

ユーダイモニア的な思考があると、自己実現や目標の途中で経験する苦労や困難も「幸福になるための過程」として捉えられるようになります。

4種類の「幸福」モデル

ヘドニアやユーダイモニアのどちらも「幸せ」を感じられることから、どちらが良いのかは一概に言うことはできません。しかし、どのような種類の幸せを追い求めるかによって、今後もたらす幸福度や人生の充実度が変わってくることがわかっています。

ポジティブ心理学では、ハンバーガーを使った4種類の幸福モデルで説明されています。その人自身がどのようなハンバーガーを好むかによって、もたらす幸福についてわかりやすく説明されています。実際にどのような幸福モデルがあるのかを順番にみていきましょう。

快楽型ハンバーガー

「快楽型ハンバーガー」を好む人は、今を楽しむことに精一杯で、その行動がもたらす未来への悪影響には目を向けない特徴があります。

快楽型ハンバーガーは、そこそこ美味しく、手早くお腹を膨らませることができますが、長期的には健康が悪いです。このように、短期的な幸福や快楽をもたらすが、長期的には不幸や苦痛をもたらすハンバーガーのことを指しています。

努力忍耐型ハンバーガー

「努力忍耐型ハンバーガー」を好む人は、長期的な未来では幸福をもたらしてくれることを考慮して、苦しい今を耐える特徴があります。

「努力忍耐型ハンバーガー」は、「快楽型ハンバーガー」とは対局で、大豆や野菜とか体に良いと思われる素材で作られ、体には絶対に良いけれど、味は美味しくありません。このように、短期的には苦痛をもたらすけれど、我慢して継続し、長期的に幸福をもたらしてくれるハンバーガーのことを指しています。

自暴自棄型ハンバーガー

「自暴自棄型ハンバーガー」を好む人は、人生を悲観的に捉えていて、現在にも未来にも絶望してしまっている特徴があります。

「自暴自棄型ハンバーガー」は、「食べられれば良い」「とりあえず値段が安いから選んでみた」のようなハンバーガーです。このように、「今の快楽も将来の幸せもどうでも良い」という人が食べるハンバーガーのことを指しています。

絶対幸福型ハンバーガー

「絶対幸福型ハンバーガー」を好む人は、ヘドニアとユーダイモニアのちょうど良いバランスが取れている特徴がある人です。

「絶対幸福ハンバーガー」は、味も最高に美味しく、健康にも良いハンバーガーです。新鮮な無農薬野菜を使いつつ、見た目も味も素晴らしく、食べ続ければ必ず健康になるだろうというハンバーガーのことを指しています。

最後に

今回は、ポジティブ心理学における2つの幸せ「ヘドニア」「ユーダイモニア」と4種類の幸福モデルについてご紹介しました。


ポジティブ心理学では、幸せは「ヘドニア」と「ユーダイモア」の2つに分類され、何を自分が追い求めるかで今後もたらす4種類の幸福モデルが提唱されています。

近年では、このようなポジティブ心理学における幸福の種類や幸福モデルを応用して、企業研修やビジネスのマネジメントへと活用されています。ポジティブ心理学を職場などの日常生活で実践することによって、より良好な人間関係が築けたり、生産性やパフォーマンスが改善・向上する効果が期待されています。


弊社ではポジティブ心理学に関する講座を企業・団体・組織に開催しております。職場において、良い人間関係作りや仕事のパフォーマンスが向上するようにポジティブ心理学をの詳細や実践法をお伝えしております。


遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。