お問い合わせはこちら

チームビルディングとは?企業に導入するメリットとデメリットをまとめてみた

チームビルディングとは?企業に導入するメリットとデメリットをまとめてみた

2021/04/08

チームビルディングとは?企業に導入する メリットとデメリットをまとめてみた アイキャッチ

こんにちは。
株式会社マルション・アンサンブル 鈴木恵枝です。

 

従来の日本では年功序列や終身雇用などの制度が当たり前でした。しかし、グローバル化が進み、世界の企業と競合していくためには能動的な姿勢が求められてきています。そんな中で、組織を活性化させる方法として「チームビルディング」が注目されています。

 

今回は、企業にチームビルディングを導入するメリット・デメリットについてまとめてみました。チームビルディングに関することや、チームビルディングを取り入れることによる効果やメリットについて解説しています。

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社マルション・アンサンブルのLINE公式アカウントを作成しました。LINE登録特典として、限定セミナー動画をみることができます。

詳しくはこちらからみてみる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

目次

チームビルディングとは?

チームビルディングとは?

チームビルディングとは、所属する各々のメンバーが主体的に動き、個々の能力やスキル、経験を最大限に発揮しながら目標達成を目指す取り組みのことを指します。また、チームを作るために行う研修やプログラム、今よりも優れたチームをつくるためのワークなど、具体的な方法を意味することもあります。


定めた目標を達成できるチームを作り、企業内の組織を活性化することがチームビルディングの目的となります。企業の組織作りにおいてより強固で柔軟性が重要となることから、チームビルディングは多くの企業で導入が進められています。


チームビルディングは、ただ能力の高い人材を集めれば良いというわけでなく、チーム全体として完成度を高めることが基本となります。社員1人1人のスキルを会社運営に活かしていける環境が、チームビルディングの形であり、魅力となります。

企業にチームビルディングを導入するメリット

その上、チームビルディングを導入することでどういったメリットがあるでしょうか?
チームビルディングのメリットは、以下の通りになります。

チームの結束力が高まる

一つ目は、「チームの結束力が高まる」ことです。

1人1人の能力がいくら高くても、チームに馴染むことができなければ、チーム全体として結果を残すことはできません。チームビルディングは、同じ目標・目的を設定するので、別々の意識で働いていたメンバーがチームの方向性を理解し、統一して動くことができるようになります。


チームビルディングによって、社員同士がお互いに長所を尊重して、共通の目標のためにサポートし合う結束力の高い環境を作ることができます。結果として、スムーズに仕事ができ、成果を出すことにも期待できます。

モチベーションの向上につながる

二つ目は、「モチベーションの向上につながる」ことです。

チームビルディングでは、チームの目標・方向性を明確化し、社員1人1人の役割をはっきりさせることで、業務の効率化を測ります。個人が自分自身の役割を明確に認識することができるので、高いモチベーションを持って働くことができます。結果として、従業員のパフォーマンスが上がることも期待できます。


<関連記事>

ストレスの軽減につながる

三つ目は、「ストレスの軽減につながる」ことです。

仕事上のストレス調査では、人間関係と仕事内容が上位に挙げられます。チームビルディングにより、人間関係と仕事内容について改善されると、ストレスを軽減させることができます。


社員の満足度を上げるには、人事制度の見直しやオフィスの充実など、コストがかかってきますが、チームビルディングであれば、比較的に低コストで実践することができます。また、社員のストレスの軽減は離職率の低下も期待できます。


<関連記事>

企業にチームビルディングを導入するデメリット

その一方で、チームビルディングを導入するデメリットは、以下の通りになります。


「チームビルディングが合わない社員もいる」ことです。

「グループワークが苦手」「仕事には黙々と打ち込みたい」という社員には、グループワークなど業務が苦手なこともあります。チームビルディングがそれほど向いていない社員だと、チームビルディングを行ったものの、反対にパフォーマンスを低下してしまう可能性があります。


また、チームビルディングを実行する際に、「強制力を出さない」「細かいルールを作らない」ことも大切です。チームビルディングの推進を意識するあまり、個々の社員の行動を強制してしまうと、返って社員のストレスとなってしまい、結果的にチーム力を低下させる可能性があります。


「働き方の多様性」を尊重した姿勢がチームビルディングには重要になります。

最後に

今回は、企業にチームビルディングを導入するメリット・デメリットについてご紹介しました。


チームビルディングを企業内に取り入れることで、職場におけるチームの結束が高まり、モチベーションや労働生産性の向上につながります。また、ストレスの軽減させ、離職率の低下にも繋がります。ただし、目標を分かりやすく設定したり、合わない社員もいるため、「多様な価値観」を容認してチームビルディングを取り入れていく必要があります。


弊社では経営・組織のチームビルディングに関する講座を企業・団体・組織に開催しております。経営者だけでなく従業員一人ひとりが満足度の高い職場作りができるよう、より良くチームビルディングができる方法をお伝えしております。


遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。