多様化の時代に注目?人的資源管理(HRM)のメリットとデメリット

お問い合わせはこちら

多様化の時代に注目?人的資源管理(HRM)のメリットとデメリット

多様化の時代に注目?人的資源管理(HRM)のメリットとデメリット

2021/06/05

多様化の時代に注目?人的資源管理(HRM)のメリットとデメリット

こんにちは。
株式会社マルション・アンサンブルの鈴木恵枝です。
 

企業にとって社員は非常に重要な労働力であり財産です。

この労働力があるからこそ、企業目標を達成する事ができます。変化の早いこの時代において、社員をいかに育成し企業活動に貢献してもらうか戦略的人事はとても重要といえるでしょう。そのために必要となってくるのが人的資源管理です。人的資源管理には良い面もあれば悪い面もあります。 
 


今回は、人的資源管理のメリットとデメリットについてをまとめてみました。人的資源管理のメリットとデメリットについて解説しています。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

株式会社マルション・アンサンブルのLINE公式アカウントを作成しました。LINE登録特典として、限定セミナー動画をみることができます。

詳しくはこちらからみてみる。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

目次

注目されている、人的資源管理(HRM)とは?
人的資源管理(HRM)のメリット 
 優秀な社員になる 
 企業の成長につながる
人的資源管理(HRM)のデメリット
最後に

注目されている、人的資源管理(HRM)とは?

人的資源管理(Human resource management)とは、企業の経営目的を達成するために経営資源である人材を、戦略的に確保、育成するマネジメントを指します。いかに人的資源を効果的かつ効率的に活用できるかを考え、そのための制度・運用に落とし込むことが重要です。組織を統括するマネージャーが労働者をどう効果的に活動させるかとプランを設計・運用すること、つまり、「人的資源の最適化」を意味します。
 
その人的資源とは経営資源の1つであるヒトに関するものであり、企業にとって労働力のことです。ヒトは自由に思考するため、他の経営資源(モノ・カネ・情報)と違い、決まった成功の型があるわけではない、というのが人的資源管理の最大の特徴といえるでしょう。
 
そのため、企業が行うマネジメントに対して従業員達からの反応は多種多様です。特定のパターンや方法論は存在しますが、一律に成功するマネジメント手法とは言い切れないでしょう。ヒトは感情を持ち思考します。そのため、人的資源管理は他の経営資源の管理に比べて一番難しいとされています。

人的資源管理(HRM)のメリット

人的資源管理(HRM)のメリットをみていきましょう。

優秀な社員になる

1つ目は優秀な社員になることです。
 
企業の成長にはカネ・モノ・情報をどのように投下し、新しいサービスを展開していくのかが重要であり、それを実行するのは全てヒトです。どんなに組織改善を行っても、働くヒトを良くしなければ企業としての変革は難しいでしょう。人材の採用、教育研修、モチベーション向上のための評価・報酬体系の見直し、昇進や配置転換など、あらゆる人的資源管理と経営戦略は組み合わされ、経営活動に影響を与えていきます。
 
人的資源管理によって、社員を育成し、自らこの企業でずっと働きたいと思えるような環境整備を行えば、自然と優秀な社員へと成長していくでしょう。

企業の成長につながる

2つ目は企業の成長につながることです。
 
人的資源管理によって優秀な社員へと成長させると、企業としての生産性が向上します。また、ヒトは自分を大事にしてくれる、成長させてくれる企業に対して貢献したいと考えるようになるでしょう。

 

従業員の自発的な貢献から、新しいイノベーションが生まれることもあります。優秀な社員による企業への貢献と、社内での相乗効果により、企業は増々成長することができるでしょう。

人的資源管理(HRM)のデメリット

人的資源管理(HRM)のデメリットをみていきましょう。

人的資源管理のデメリットは、人材の離反・独立を完全に防ぐことはできないことです。
 
ヒトはより良い条件を提示する他の企業を見れば心が動き、自分の力を試したいと思う人も一定数います。そのため、優秀な社員として成長した労働力が他の企業へ転職する、独立するなど更なるステップアップを行う可能性があります。これを防ぐためには、社員一人一人が今どういう悩みを抱えているのか、企業に対して何が不満なのかをマネジメントする必要があります。
 

経営に影響を与えるヒトは、企業が重視するべき資源です。
 
 また、体制や制度を整えて終わりではなく、変化する人的資源に合わせて、企業の行動も改善・進化する必要があります。
 そのためには定期的に自社の人事評価制度を見直し、より現場に即した形に最適化していくのが望ましいでしょう。

最後に

今回は、人的資源管理のメリットとデメリットについてご紹介しました。
 
優秀な社員による企業への貢献は企業への成長へと繋がっていきます。しかし、優秀な社員の育成は同時に人材の離反や独立を招く可能性があります。そうならないために、体制や制度を整えて終わりではなく、変化する人的資源に合わせて、企業の行動も改善・進化する必要があります。人事評価制度を定期的に見直し、より現場に即した形に最適化していく必要があります。
 
人的資源は経営活動に大きな影響を与え、変化する時代を生き残るために取り組まなければいけない経営課題といえるでしょう。
 
そのため、弊社では経営者の方向けに事業に関するさまざまなお困りごとをサポートしております。組織開発や部署改善に人的資源管理のメリットとデメリットの考え方を取り入れ、企業単位でモチベーション向上を図ることで、組織全体のパフォーマンスやマネジメント力を高めるための手法をお伝えしております。
 
遠慮なくお気軽にお問い合わせください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。